ユーグレナって何?

ユーグレナをご存知でしょうか?最近では少し大きな食料品売り場でその名前を目にすることもありますね。少し難しくご説明すると、運動性のある藻類でなおかつ、単細胞真核藻類を指しています。葉緑体を持っており、光合成を行って独立栄養生活を営むが、捕食性のものや吸収性の種もあります。水田や水溜りに普通に見られる上、小数ながら、海域に棲む種や共生性の種もあるのです。ただ、これではよくわかりませんね。よく知られた名前で言うと、ズバリ、ミドリムシ(学名:ユーグレナ)のことです。その誕生はなんと5億年以上前と言われており、1660年代、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフック氏が発見しました。

「ムシ」という名前がついていますが、いわゆる「昆虫」ではなく、ワカメやコンブと同じ「藻」の仲間です。特徴的なことは、植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄える一方で、動物のように細胞を変形させて移動することもできる、いわば植物と動物の両方の性質を併せ持っているということ。その体長はわずかに0.05mmと、人の髪の毛(およそ0.07mm)の太さよりも小さな生物ですから、顕微鏡でなければ見ることができませんが、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えた栄養素のかたまりです。さらに栄養素としての側面だけでなく、資源・燃料といったバイオ化学の分野でも、この発展可能性が大きく期待されている「ムシ」なのです。

~PICK UP~
様々な種類のユーグレナ製品を販売しているサイトです → → ユーグレナ

Copyright © 2014 ユーグレナ製品とは All Rights Reserved.